ファクタリングなどの資金調達方法を調べる|銀行に融資を断られたら

男性

それぞれに特徴がある

複数のカード

カードローンを上手に利用することで、私たちの生活の質を向上させることができます。さまざまなカードローンを比較、検討して、自身の状況に応じた利用方法を探すことが大切です。

もっと知ろう

さまざまな場面で活躍

アパートの模型

不動産担保ローンは、利用者が不動産を担保として提供することから、大口の融資を低金利で受けることができます。使い道も自由であるため、個人として利用するだけではなく、事業性資金としての利用も可能です。

もっと知ろう

気まずい雰囲気を避ける

PC操作

勤務先への在籍確認によって、職場で気まずい雰囲気になる利用者が多いことから、現在では、電話連絡なしで在籍確認を行なうキャッシング会社が増えてきています。このようなサービスは、よりキャッシングの利用を手軽にしています。

もっと知ろう

売掛金を売却する

説明

現在の経済環境では、取引のすべてを現金決済することは難しく、多くの企業で掛けによる信用取引を行なっています。掛け取引を行なうことで、支払いをまとまった資金が入ってくるまで引き延ばすことができるというメリットがあります。しかし、売上をあげた方からすると、販売代金がすぐに手元に入ってこないことから、資金繰りにリスクが生じてしまいます。仮に得意先からの入金にズレが生じてしまうと、支払いをするための資金がショートしてしまう可能性があります。このようなときには、ファクタリングを活用した融資を利用することをおすすめします。

多くの企業が、借入れの際に銀行を利用します。しかし、資金決済までの期限が迫っているときには、銀行からの借入れはあまり向いていません。なぜなら、銀行の融資審査はある程度の時間がかかることが多いため、支払期限までの融資ができない可能性があるからです。また、企業の実績がなければ、銀行の審査を通るのは難しいと考えられます。その点ファクタリングは、売掛債権を保有していれば審査に時間をかけることなく資金の借入をすることが可能です。借入れを申請したその日に資金を調達することができる機動力がファクタリングの大きな魅力であると考えられます。ファクタリングにかかる手数料は、売掛金の支払いが遅れた得意先に遅延利息として請求することで、自社に負担がかかることなく利用することができます。もしものときのために、多くの資金調達方法を知っておくことは大切だといえるでしょう。