ファクタリングなどの資金調達方法を調べる|銀行に融資を断られたら

スーツの女の人

さまざまな場面で活躍

アパートの模型

不動産担保とは、不動産を担保に融資を受ける方法で、銀行などの金融機関の他、不動産業者なども融資を行なっています。借入れできる金額は、担保となる不動産の価値に応じて設定されるため上限がありません。そのため、大口の融資が可能になります。融資をする側にとっても、貸し出した資金の回収が容易であることから、貸し出し利率の設定が低いという特徴を持っています。低い金利で大口の融資を受けることは、とても大きなメリットです。借入れの金額が大きくなると、金利の高さが返済にかかる負担の大きさに影響してきます。金利の計算は、借入れ元金に設定利率を掛けることでの計算されるため、借入れ元金が大きいと金利の金額も大きくなってしまうのです。そのため、大口の借入れを低金利ですることができる不動産担保ローンは、大変有利なプランであるといえるでしょう。

不動産担保ローンで担保として設定する不動産は、借入れをする本人以外の名義のものであっても大丈夫です。そのため、両親や配偶者など他人名義の不動産であっても担保として供することができるのです。担保として提供できる不動産の幅が広いことは、不動産担保ローンの使いやすさに繋がっていると考えられます。

不動産担保ローンは、その使い道が自由であることから、様々な用途に活用することができます。まとまった資金の融資を受けることができるので、事業性資金として借入れをすることも可能です。事業のつなぎ融資として活用する企業も数多く存在します。